帯締めのコーディネイトに関する3つのコツ

着物に興味を持ち、着付けなどにも慣れてくると帯まわりのコーディネイトにもこってみたくなりますよね。ここでは帯まわりのうち、主に小紋を着る場合の帯締めのコーディネイトについてコツを3つご紹介します。

1.初心者編「着物の色に合わせる」
初心者の方でもすぐ覚えられるのが「帯締めを着物の色の系統に合わせる」ことです。このとき、水色系の小紋の着物なら青系統の帯締めを合わせるなど、着物よりやや濃い色を帯締めに持ってくるとエッセンスの効いた雰囲気になります。

また小さな柄のたくさん入った小紋では、着物に使われている色のうちの1色と帯締めとを同じ色にすると良いでしょう。

2.中級者編「着物の色とはまったく違う色にしてみる」
帯締めのコーディネイトに慣れてきたら今度は、着物と同系色ではなくまったく違う色の帯締めを合わせることに挑戦しましょう。

「まったく違う色を合わせると派手になるのでは?」とためらうでしょうが、洋服の場合とは違い、着物の場合はこれが不思議とマッチするのです。大島紬などの黒い着物に赤い帯締めを合わせるのはメリハリがきいて粋ですし、オレンジの着物にブルーの帯締めを合わせれば個性豊かな雰囲気になります。

3.上級者編「季節のイメージを取り入れる」
最後は上級者編です。着物買取を着る季節のイメージの色を取り入れて、帯、帯揚げ、帯締めの3点を合わせるという方法で、ぱっと聞くと難しく感じがちですが、普段から洋服のコーディネイトになれている方には意外と簡単に出来るかと思います。

例えば白い帯に、薄いピンクの帯揚げと濃いピンクの帯締めを合わせると「春」をイメージしたコーデになります。最初は帯締めと帯揚げを同系色に揃えて、イメージを創っていくのがやりやすいでしょう。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP