若者に人気!これからの日本文化発展のモデルとも言える「洗える着物」とは?

日本の伝統文化とも言える「着物買取」ですが、着方が難しい、お手入れが大変ということもあり、興味はあれど敷居が高いものというイメージがあります。しかし最近では、そんなマイナスイメージを刷新しようと、カジュアルな着物も登場しています。

その一つが「洗える着物」です。かつて着物は、絹素材は当たり前という時代がありました。しかし化学繊維技術の進歩により、ポリエステル等の素材を利用したことで、洗える着物が可能になりました。

この素材のメリットは、しわになりにくく、丈夫、水を弾く効果があるため汗をかく夏にも適していることなどが挙げられ、最近では、とてもかわいい柄の着物もたくさん販売されているのもうれしい傾向です。

さらには、絹素材では数万円~数百万円など高額となってしまう着物が、数千円単位から手に入るお手頃さも驚きです。価格も扱いも、まるで普段着の洋服のようです。洗い方は、洋服同様、洗濯機で洗うということになり、ジャブジャブ洗うことが可能ですが、ネットに入れること、ドライ洗浄による柔らかい洗い方の方が長持ちします。

本当に、このお手軽さには驚くべきものがあります。加えて、帯やその他和装小物についても、洗える小物が登場しており、将来的にはこちらの素材が主流になる日も近いかも知れません。

着付け方法も最近ではネットで簡単に調べることができますし、お手頃な着付け講座も盛んに開講されています。着付けは一度覚えてしまえば、あとは経験を繰り返すことで上達して行きます。

着物業界の普及努力により、若い方にも安価でお手入れが簡単、そして着方の伝授を手軽にということで受け入れられているのはそのためです。日本文化を継承するのは若い世代です。伝統を活かしつつ、新しいものを取り入れる着物は、新しい日本文化発展のお手本となるかも知れません。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP